北朝鮮問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武力衝突は起きてしまうのか?

  1. 北朝鮮の弾道ミサイルは、グアムまで射程圏内。※核弾頭も可能
  2. 北朝鮮は、休戦ライン(38度線)に沿って並べている何百門という長距離砲やロケット砲が設置されており、長距離砲の射程距離は40㎞以上>=ソウルまでの最短距離が約40数KM
  3. なんだかんだ言っても、アメリカは、これまで核を持っている国に対して攻撃をしたことはない

 武力衝突が発生すれば、ソウルは火の海になり、数百万人の死者が発生すると言われており、韓国としては、GOサイン出せる訳がない!在韓アメリカ軍やその家族もいるので、アメリカ人にも多数の犠牲が出る可能性があるので、トランプ政権もそう簡単には決断出来ない。
 ただ、2003年の合意とは言え、7月に在韓米軍を代表する陸軍第8軍司令部のソウル南方、京畿道平沢への移転がほぼ完了・・・・・。長距離砲の射程距離からは、外れた?



 韓国の立場から言えば、やはり軍事衝突は是が非でも避けたい。多数の死者がでたら政権が持ちません。
北朝鮮としては、このままチキンレースを続けながら、アメリカ本土まで射程距離に収める弾道ミサイルを開発したい。
 アメリカとしては、ぎりぎりのライン。射程距離がグアムまでの今、開発を止めたい。流石に対中国も考えると、北朝鮮崩壊までは、望んでいないと思います。ややこしくなるだけに・・・。弾道ミサイルからの防衛網がグアムに絞れる今なら・・・・・・・。
 日本は、国難と言えますが、射程距離には随分前から入っており、新たな脅威とは言い難いが、なぜか盛り上がってる・・・・・。

武力衝突が起きたとしたら・・・・

 北朝鮮は、当然ながら休戦ライン(38度線)に沿って並べている何百門という長距離砲やロケット砲がソウルに向かって撃ち込むと思います。在韓アメリカ軍施設を可能な限り避けながら・・・・・。
アメリカは、休戦ライン(38度線)の何百門という長距離砲やロケット砲を電撃的に空爆で無効化しつつ、主要核施設や弾道ミサイル拠点へのピンポイント空爆。朝鮮全面侵攻はありえないと思われます。
 この程度では、休戦まで持ち込めないので北朝鮮は、ノドンや弾道ミサイルを使って見せるが、当然、核弾頭は使用しないと思われます。韓国に対して撃ち込んでも、兵器としてアピールに欠ける。かと言って、グアムを狙うとアメリカも引けなくなるので、沖縄、東京、佐世保、呉、横須賀あたり?ノドンは、移動式で既に300位配備されていると予想されているので、これを全て排除するのは不可能で、膨大な被害を被ると思われます。
 北朝鮮の狙い次第では、ソウルと変わらない位の死者が出るのではないでしょうか?
しかし、北朝鮮のミサイル開発、核兵器開発を阻止することは、国連決議、経済制裁などではできない。のも事実・・・・・
北朝鮮は、米国等が北朝鮮の体制、指導者を軍事行動で破壊しようとするのを抑止するために開発をしていると思われる。のも事実・・・・・
 アメリカに残された道は、韓国に開戦、先制空爆等の告知を行わないで済む、電撃的な軍事衝突の発生が理想なのかもしれませんが、間違いなく同時に北朝鮮の報復が始まり、韓国も日本も甚大な被害を被る事になるでしょう。




にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

政治ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*