憲法9条改正を真剣に考えてみた・・・1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本維新の会は微妙だが、「憲法改正議論には賛成!慎重な対応」


 北朝鮮の問題に関しては、アメリカが国防の問題もあり、

  • 米空軍の戦略爆撃機B1Bが北朝鮮東方の国際空域を飛行
  • 北朝鮮近海に向け空母3隻展開

 国連での制裁決議、演説なども含めてアメリカが、主体的になって対応している現実。2015年、安倍内閣において、「安保法案に関して集団的自衛権に対する解釈改憲を進めた」結果、北朝鮮有事の際、アメリカとの共同対応が可能です。



 現状では、専守防衛では戦略構成は認められて居ないため、アウトレンジからの攻撃に対して先制攻撃の禁止されていますが、賛否あると思いますが、アメリカが先制攻撃を含め対応している。
もし先制攻撃でアメリカ、韓国と共同して行う場合、韓国上空を自衛隊が飛行してしまう現実。
 初期の段階で中国が、軍事介入してくるとは思えませんが、サイバー攻撃、経済的圧力をまずかけてくると想定されます。軍事的攻撃による被害は、韓国=日本>アメリカでしょうが、(中国による)経済的被害は、日本>>>アメリカ>韓国になると思われます。
 北朝鮮による弾道ミサイル攻撃、(北朝鮮、中国による)サイバー攻撃、(中国による)経済制裁でも、休戦協定の目途が立たなかった場合、尖閣諸島近海への軍事展開に出てくるのではないでしょうか?
アメリカが、二面戦争を行う事は考えられなず、尖閣諸島(離島)への侵攻で、アメリカが単独若しくは主体的に軍事行動を行うオプションはないと思われます。
 現状、これ以上中国を刺激する改正は、リスクが大きすぎる点、当面の危機に関しては現行の解釈改憲で対応可能だと思われます。慌てて「自衛隊の存在を新たに書き加える」ただけでは、当面想定される北朝鮮危機に関しては、日本本土を攻撃する大義名分を与えるだけで、被害を減少させる効果は薄い。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

政治ランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*