小泉進次郎「本当に労働者の代表は連合ですか」「なんで17%の人たちが代表なんですか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「本当に労働者の代表は連合ですか」「なんで17%の人たちが代表なんですか」

  • 本来、賃上げ交渉を拳を振り上げてやるのは労働組合のはずですよね。しかしそれを今、国をあげてやっているんです。
  • 「平成27年労働組合基礎調査の結果」(2015年6月30日現在)を発表した。それによると、労働組合員数は約988万人、推定組織率は17.4%
  • 労働組合は自民党を応援しないで野党を応援したままなのか。そして労働組合は連合が束ねていますが、本当に労働者の代表は連合ですか?

間違いなく連合も胡散臭い

  • 御用組合も多くなった
  • 非正規社員の割合が急激に高くなり、そもそも労働組合に入れない
  • 連合の組織を維持する事が最大の目標で、労働者の権利維持は二の次に見える

でも比率の数字を言われれば、思い当たる数字もある

第47回衆議院議員総選挙

投票総数 有効投票数無効投票数無効投票率投票率
54,741,35252,939,7901,801,5623.2952.66%

 投票率100%ならば、有効投票率は、99,886,396。全有権者からの自民党の投票率は25%位になるんですよね。
 議席は圧倒的過半数を持ってますが、4人に1人しか投票してない。選挙に行かない国民も悪いですが、国民の代表と言われても連合並みの数字・・・・。


でも小泉進次郎

 応援演説では人気者。スピーチの達人。
本人の意向も大きいのでしょうが、自民党内では、阿部首相とは距離がある立ち位置です。
 物事を比較的はっきり言って、主義主張もしっかりしている割には、主流派へのご意見は、石破さんと同じ位貝になりますよね・・・・、残念。

 にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

政治ランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*