「やっちゃえ!日産」やちゃった!!

日産自動車は9月29日、納車前の新車約6万台の販売を一時停止したと発表した。国内の日産グループ全6工場で製造した21車種で、完成検査の一部を、正規の検査員以外が実施。

この問題、内部告発により、国土交通省の立ち入 り検査により発覚したもの。
ただ、問題はこれで収まらず、第2弾もやちゃてしまった日産自動車。

日産、法令順守浸透せず 無資格検査が発覚後も続く

 国内販売2割減、初回車検を受けてない車両に絞っても、120万台のリコールとなり、費用は250億円。考え方によっては、イメージダウンと250億円で済むみたいです。民間の指定車検工場が同じことをやったら、指定取り消しになるのに流石大企業、そこまでの処置はされないらしいです。現実問題として、生産車両全部、陸運局に持ち込まれても裁けませんけどね。
 問題は、間違いなく生産調整が入ります。販売台数は2割減ですが、出荷停止処置もあり、生産数が元に戻るまでにはかなりの時間を要すると思われ、生産ラインの稼働率も下げざる得ないと思われます。
生産ラインは、非正規比率も高いと思われますが、年末前にカットされる人も全体で行けばかなりな数になりそうです。
 

神戸製鋼所は8日、自動車や航空機メーカーなど約200社に納入したアルミ板や銅製品について、工場の出荷段階で強度や寸法をチェックする検査証明書を書き換えるなどの不正が見つかったと発表

 こちらのデータ改竄不正は、出荷先に国外があっただけに経営への影響度は、日産の比ではなさそうです。
アメリカが訴訟おこせばエアバッグのタカタとおなじ運命を辿りそうです。あのアメリカが訴訟を起こさなかったら、それはそれで何らかの政治取引があったとしか思えませんが・・・・。
 それが、在日米軍関連なのか、輸出入関連になるのかは、一般国民がしる余地はありません。
自己再生はJAL並に国費を投入しないと無理と思われますが、こちらも発覚後も一部で改竄を続けて頂けに悪質さから、あからさまな国費投入に舵を切れないと思います。
 今回の不正対応費を国がなんらかの形で保証するのであれば(せざる得ないと思いますし、現政権へのコネクションはほかの製鉄会社よりあると思われます)合併に動く企業がある思います。
企業価値は高いんですよね。なんと言っても、原子力発電を除く四国電力以上の発電量を誇る国内最大級の独立系発電事業者。電力事業は経常利益130億円。
 独占禁止法やらで国の関与があると思われるので一筋縄では行かないと思いますが、グローバルな視点から言えば、新日鉄住金の一択なのでしょうが、当然、そうなると一気に負け組に落ち込むJFEホールディングスが黙ってはいないと思います。
 本体の従業員の整理も進みますが、設備が新しく競争力が見込まれる高炉の維持はされると思いますので、半分から2/3は残れると思いますが、下請けはかなり統合されるので倒産するところは結構出てくると思われます。

SUBARU 吉永泰之社長はリコール(回収・無償修理)に発展した場合は、「ルールに従い求償することになるだろう」との認識を示した数日後、自社の不正検査で記者会見

まさに喜劇「日産だけじゃない!スバルでも無資格検査か」
スバル、25万台リコール検討…費用50億円超
スバル30年前から不正検査か
 トヨタと資本関係があるとは言え、日産との資本規模が違いすぎるSUBARU。
同社グループの下請け先は8776社に上ると発表した。年商10億円未満の中小企業が66.2%を占めており、どのくらい資本に余裕があるのか知りませんが、SUBARUの生産量がある程度元の水準に戻るまで持ちこたえきれるのか?
 都道府県別に見ると、東京都が2119社でトップ。2位は愛知県の812社。スバルの工場がある群馬県は733社で3位。ある程度、トヨタがカバーするのかもしれませんが、生産拠点が群馬県太田市で、非正規の外国人労働者の占める割合も高いと思われます。年末に向けて、カットされた元労働者が溢れると思われますが。

少しあおり気味に書いてしまいましたが、後始末を一歩間違えれば、国内経済にあたえる影響は小さくないと思われます

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

政治ランキング