海外

憲法9条改正を真剣に考えてみた・・・2

日本維新の会は微妙だが、「憲法改正議論には賛成!慎重な対応」


 現状の憲法で、自衛隊の装備兵器、軍事力は違憲と言われても致し方ないくらい矛盾していると思います。諸外国から見れば、立派な軍隊です。
この矛盾は、文民統制を考えてもきちんと解決すべきだと思います。
ただそのタイミングまでに、相手国の軍事的な動向を迅速かつ正確に把握できる情報収集の体制を整備したうえ、本格的な侵攻の兆候に応じて迅速に部隊を展開できるように整備・能力向上を図る。
特に、情報収集能力(たとえば偵察衛星など)をアメリカに大きく依存している現状では、日本独自の判断は厳しいと思われます。
 専守防衛の先制攻撃は、政府の考えは拡大化の傾向もあり、可能という解釈も現実味を帯びてますが、解釈改憲よりは改憲がいいのではないかと個人的には思います。



 今回の衆議院選挙で、政策の一部として各党公約に明記されて争点ともなってますが、街頭演説などで現在の与党(自民党、公明党)はどのくらい時間を割いているのでしょうか?
本日行われた党首討論のメッセージボードで記載している党は少なく、安倍さんもかなり曖昧な言葉のみ・・・・。
自民党は、党是の第一条に憲法改正して自主憲法制定を目指すことを明確にしながら、歴代政権が実現できなかった改憲を、自分の政権で達成したい思いだけの行動に移ってしまうのは僕だけでしょうか?
その理由は後付けで、具体的な自衛隊の装備、展開力、予算はない気がします。
 組閣され、マスコミがちょっと追っただけで表にでる大臣の不祥事、外野につつかれたりし感情的になったり、すぐ油断してでてしまう失言。。。。。。。
この程度の政治家における外交力では、即上げ足を取られたり、トラップに引っかかり弱みを握られてしまう気がします。今回みたいに突然解散し、もっともらしい理由をつける政治家、それと対峙できない政治家が多すぎる中、本当に有事になった際にも政局にしそうで怖いのは僕だけですか?
 憲法9条改正、安保改正に関しては、国民投票実施がいい気がします。最後に憲法改正するなら、大統領制の導入も真剣に考えて欲しい。国会議員において選ばれる首相は判りづらい。小選挙区において、現在のような一強(安倍内閣)一弱な状態が生まれやすく、抑止力が働かないのが怖いです。支持率が下がってきて初めて、声を出し始めますが、人として当然だとは思いますが公認権がでか過ぎて行動力が伴えない。。。。
 憲法9条に関しては、やはり慎重な議論が必要だと思います。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

政治ランキング



憲法9条改正を真剣に考えてみた・・・1

日本維新の会は微妙だが、「憲法改正議論には賛成!慎重な対応」


 北朝鮮の問題に関しては、アメリカが国防の問題もあり、

  • 米空軍の戦略爆撃機B1Bが北朝鮮東方の国際空域を飛行
  • 北朝鮮近海に向け空母3隻展開

 国連での制裁決議、演説なども含めてアメリカが、主体的になって対応している現実。2015年、安倍内閣において、「安保法案に関して集団的自衛権に対する解釈改憲を進めた」結果、北朝鮮有事の際、アメリカとの共同対応が可能です。



 現状では、専守防衛では戦略構成は認められて居ないため、アウトレンジからの攻撃に対して先制攻撃の禁止されていますが、賛否あると思いますが、アメリカが先制攻撃を含め対応している。
もし先制攻撃でアメリカ、韓国と共同して行う場合、韓国上空を自衛隊が飛行してしまう現実。
 初期の段階で中国が、軍事介入してくるとは思えませんが、サイバー攻撃、経済的圧力をまずかけてくると想定されます。軍事的攻撃による被害は、韓国=日本>アメリカでしょうが、(中国による)経済的被害は、日本>>>アメリカ>韓国になると思われます。
 北朝鮮による弾道ミサイル攻撃、(北朝鮮、中国による)サイバー攻撃、(中国による)経済制裁でも、休戦協定の目途が立たなかった場合、尖閣諸島近海への軍事展開に出てくるのではないでしょうか?
アメリカが、二面戦争を行う事は考えられなず、尖閣諸島(離島)への侵攻で、アメリカが単独若しくは主体的に軍事行動を行うオプションはないと思われます。
 現状、これ以上中国を刺激する改正は、リスクが大きすぎる点、当面の危機に関しては現行の解釈改憲で対応可能だと思われます。慌てて「自衛隊の存在を新たに書き加える」ただけでは、当面想定される北朝鮮危機に関しては、日本本土を攻撃する大義名分を与えるだけで、被害を減少させる効果は薄い。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

政治ランキング