森友

森友・加計問題

森友・加計問題1

森友・加計問題2

衆院予算委員会

共産党は、宮本岳志氏

学園側への国有地売却をめぐり、会計検査院が国の値引きについて「十分な根拠が確認できない」としたことを踏まえ、「適正な価格で処分したという国会答弁がウソだったということが明らかになった」と指摘。

安倍晋三首相は「国会の審議は国会がお決めになることだ」「本件については私自身、国会で丁寧な説明を積み重ねてきた。私や妻が(学校の)認可、あるいは国有地払い下げに一切関わっていないということを、改めて明確にさせていただきたい」と答弁。

無所属の会は、篠原孝氏(長野1区選出)

「官邸とかですね、自動洗濯機ならいいですよ、自動忖度(そんたく)機ばっかしになっちゃったんじゃないか」と皮肉を述べ、「安倍政権は大大横綱だ。もっと品格を持って、正々堂々とやっていただきたい」と語る。

安倍晋三首相は「(加計氏は)長年の友人だが、私の地位を利用して何かしようとしたことは一度もない」と、改めて強調。さらに、学部新設に道を開いた国家戦略特区ワーキングチームのメンバーらの名前を挙げ、「(加計氏に便宜を図るよう)私が頼むことはありえない。私が指示したことはないということは、明らかになっている」と疑惑を否定。「友人だということから、李下(りか)に冠を正さず、私自身も反省すべき点は反省しなければならない」と付け加える。

無所属の会は、原口一博氏

安倍晋三首相「原口議員は、我々自民党にとって手ごわい相手だが、難病を克服して、さらに活躍していただきたい」

原口氏「病院で闘病しているみなさんも、すごく勇気づけられた」と礼を述べた。

希望の党の今井雅人氏

「悪魔の証明といって、加計学園に総理が関わったか関わっていないかを証明することはできないと言ったが」「日本国政府はこれくらいのことを明らかにする能力がないわけではない。明らかにしてほしい。これは悪魔の証明じゃない」

安倍晋三首相「秘書官は日々多くの来客を受けるが、私自身が分刻みのスケジュールをこなす中で、秘書官への来客についていちいち報告を受けることはない」

続きを読む

今更ですが、森友・加計問題

森友・加計問題のあらまし

森友学園、加計学園問題

森友学園問題

 会計検査院は22日、約8億円の値引きの根拠となったごみ撤去費について「十分な根拠が確認できない」とする報告書を国会に提出した。検査結果は、財務省と国土交通省が学園に行った異例の取り扱いを複数指摘した。

森友「特例」指摘次々 値引き「根拠不十分」 検査院

値引きに至る不透明な実態が、改めて浮き彫りになったが、算定根拠となる文書が、一部しか残っていないことも看過できない。掘削から処分までの工程にかかる「処分単価」の根拠は確認できず、検査院は、撤去費用の適正価格をはじき出せないのが現状。

財務省は、昨年6月に売却が完了したのを理由に、学園側との交渉記録を廃棄したという。行政文書管理規則に沿った対応とはいえ、素早い対応というイメージは拭えません。

この問題が発覚したのは、豊中市議会・木村真議員の財務省近畿財務局に情報公開を求めた事でした。当然のごとく、当該国有地の売却額を非公表とした国の決定した事を受け、2017年2月8日に大阪地裁に提訴。

去の国有地売買の例を調べると、森友のように随意契約の案件はすべて公開されている。それなのに森友だけは非公開。不思議な話です。

近畿財務局と同じくらい素早い動きを見せたのは、朝日新聞でした。翌2月9日の朝刊で報道しています。

学校法人に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割か

続きを読む