正社員が不足している企業は49.1%

  • 「情報サービス」が70.9%、「メンテナンス・警備・検査」や「運輸・倉庫」「建設」など6業種が6割台、大企業ほど不足感が高く、大企業の積極的な採用活動が中小企業の人材確保に大きな影響を与える要因
  • 非正社員では企業の31.9%が不足していると感じており、「飲食店」「飲食料品小売」「人材派遣・紹介」「メンテナンス・警備・検査」などで高い。上位10業種中5業種が小売や個人向けサービスとなっており、消費者と接する機会の多い業種で不足感が高い。

パナソニック 子会社パート正社員化 人手不足が経営圧迫

有効求人倍率1.52倍

グラフは厚労省ホームページより

上昇は5カ月連続。製造業や運輸業の求人が活発。

企業は将来の人手不足を見越して、長期で雇える正規社員の雇用を増やしている。正社員の求人倍率は1.01倍。正社員数は前年同月比で60万人増え、3カ月連続で非正規社員の増加を上回った。

有効求人倍率が高くなるのは、介護、接客、建築など、仕事の負荷も高く、離職率も高いと言われる業界であるのも事実。

最も人手不足が深刻なのが東京都で、有効求人倍率は2.07倍、福井県が1.90倍、岡山県が1.76倍などとなった。沖縄県でも1.0倍を超え、すべての都道府県が1倍以上になった。

東京都での正社員の有効求人倍率が1.26倍と、パートやアルバイトなど非正規雇用だけでは働き手が集まらないことから、より待遇の良い正社員としての求人を増やす企業が出てきた。

続きを読む